わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

家族往来/森 浩美【レビュー】

★★★★★

欠かさず読んでいる森浩美さんの「家族シリーズ」です。
本作も良かったです。

著者があとがきで述べている「遊び」の部分
「家族往来」と言うタイトルは「家族オーライ」と言う駄洒落からの思いつきと言う事。

「オーライ、オーライ、多分大丈夫さ」と呼び掛ける
著者の優しさが小説のあちこちに見られ心が温かくなります。

ページをめくって最初に目にする短文

「家族は往きそして来る 家族は増えそして減る どこにいようと数や形が変わろうと 家族は家族なのです」

この一文だけでも素敵です。

今回も家族に纏わる短編が8編収められていますが
「コロッケ泣いた」にはホロっとさせられ
「夏になる」ではノスタルジーを感じ幸せな気持ちになれました。

最後に光を残す事がテーマとおっしゃる著者

本当に読後感は満ち足りた気持ちになれます。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)