わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

スマホを落としただけなのに/志駕 晃【レビュー】

★★★

スマホは絶対落とさない様にしよう!と思いました。

近年SNSをテーマにした作品が増えて来ましたが、本作はスマホを落とした事がきっかけで次々と悲劇が起こって行くミステリー。

財布などを落としても持ち主に戻る事が多いと言われる日本ですが、富田が落としたスマホを拾った人物は最低最悪な狡猾なハッカー。

パスワードを解析し、スマホの中を見るだけではなく、データそのものを全て自分のPCに保存。
あげく、その人物の人間関係を網羅し、他人になりすまし、恐喝、詐欺、殺人様々な犯罪に手を染める様は本当に恐ろしかったです。

ラストが気になり勢い良く読み進めて行きましたが、371ページと374ページが重複して書かれている事でせっかくの盛り上がりに気持ちが削がれてしまい残念な思いがしました。(編集ミスだと思います)

終盤に明かされる麻美の秘密も少しとってつけた感がしましたが全体的には読みやすく、facebookの仕組みなども解りやすく描かれていました。

次の作品を楽しみにしたいと思います。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)