わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

誘拐屋のエチケット/横関 大【レビュー】

★★★

「女の話は信用しない」「たまには音楽を聴く」「ボランティアなどやらない」「贔屓の力士を応援する」
「飛んできたボールはよける」「コンプライアンスは基本守る」「なるべ披露宴には行かない」
7話収録の連作短編集。

主人公は腕利きの誘拐屋・田村健一。
涙もろくお節介な新人誘拐屋・根本とコンビを組み、仲買人の直子から依頼された誘拐の仕事を淡々とこなして行く。

誘拐物と言っても悲壮感はないので軽快に読める。

各話それぞれにドラマがあるのだが、最終話で全ての人物が繋がり、なるほどと頷いた。

気負わずに読めるハートフルなミステリー。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)