わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

定年オヤジ改造計画/垣谷 美雨【レビュー】

★★★★★

実にリアルな物語だった。
女性と男性の感性の違いがひしひしと伝わる作品です。

「親の心子知らず」と言う言葉がありますが
この本は「妻の心、夫知らず」と言った所でしょうか。

主人公は大手石油会社を定年退職した庄司常雄
常雄の妻、十志子(としこ)は夫に対するストレスから夫源病を患い心療内科に通院中。

十志子の気持ちに終始共感しながら読み進め、又常雄・十志子夫婦の息子である和弘の妻、麻衣の思いも痛い程伝わる物がありました。
常雄の息子だけあり和弘も家事育児を全くしない夫。
やたら出て来る「母性」と言う言葉もこの2人が使うと嫌悪感しかありませんでした。

私自身も家族や知人が一人もいない県外での1人きりでの子育て経験者でその時の閉塞感や孤独、不安感、家事育児を全くしない夫と、麻衣と共通する部分がとても多かった事もあり、「あるある」が一杯で、この物語に登場する夫達(常雄・和弘)がいかに改造されて行くのか期待しながら読みました。

この作品は子供を持つ全ての男性諸君に読んで欲しい作品です。
読後感も良かったです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)