わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

Red/島本 理生【レビュー】

★★★★

島本 理生さんの長編小説です。

図書館で借りたので何の予備知識もなく読み始めましたが途中で島本 理生さん初の官能小説だと気付きました。

主人公の村西 塔子は2歳の娘を持つ母親です。

妻、母として充実した毎日を送っていましたがかつての恋人、鞍田と再会し激しく身体を重ねた記憶に導かれるように、不倫に走ります。

セックスレス、お坊ちゃん気質で理解し合えない夫への不満、夫の両親との同居など様々な不満を抱え更に塔子自身の生い立ちも決して幸福だったとは言えません。

諸々の状況を考えた時、逃げ場を求める気持ちは理解出来る部分もありました。

ただ、有能に仕事をこなす塔子ならば不倫に走らず離婚、自立の選択をしても良かったのではないかとも思います。

官能小説でありながら登場人物それぞれが個性豊かで、人物描写も丁寧に描かれていて女とは、男とは、そして家族とは、と色々と考えさせられましたし
不倫の行き着く先が気になり一気読みでした。

ただの我儘夫だと思っていた村西 真(しん)からの手紙は印象的でした。

不倫がテーマなので賛否両論分かれる作品だと思いますが読み応えは十分です。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)