わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

アンソロジー 捨てる/アミの会(仮)【レビュー】

★★★★★

柴田よしき・大崎梢・光原百合・福田和代・松村比呂美
近藤史恵・永嶋恵美・篠田真由美・新津きよみ
女性作家9人による「捨てる」がテーマのアンソロジー。

いつも「あとがき」から先に読むのですがあとがきを書くのは持ち回りと言う事で今回は近藤史恵さんが執筆されていました。
この「あとがき」から面白い。
内容はぼかしますが、このアンソロジーを出す事になったきっかけや、表紙に記載されている<アミの会(仮)>の由来が説明されています。

じっくり読める長編も好きですが、短時間で楽しめインパクトがある短編も大好きなので、この短編集は楽しみにしていました。

全て描き下ろし作品と言う点も嬉しいですが、普段から読んでいる新津さん、松村さん、柴田さん、近藤さん以外の初読みの作家さんもいて新鮮でした。

負けた人が秘密をバラして行く永嶋恵美さんの「ババ抜き」
終始ゾワゾワする松村比呂美さんの「蜜腺」
女の本音が描かれた近藤史恵さんの「幸せのお手本」など
どの短編も切れ味が良く、印象に残りました。

表紙の花と物語がリンクしていたり、フォントも少し大き目で読みやすかったです。
新しいメンバーも加入されて今後も出版予定との事ですので楽しみが増えました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)