わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

さよならの儀式/宮部 みゆき【レビュー】

★★

「母の法律」「戦闘員」「わたしとワタシ」「さよならの儀式」
「星に願いを」「聖痕」「海神の裔」「保安官の明日」
8話収録の短編集。

宮部さんの作品はぐいぐい読める時と、中々先へ進まない時の両極端に分かれてしまうのだが残念ながら今回は後者だった。
と言うのも私が苦手とするSF系であった事が大きい。

ただのSF作品に終わらずその中に人間ドラマもきちんと描かれているのだけれど、SFの強さに負けてしまった。

SFが好きな方には楽しめる作品集だと思うが、やはり宮部さんには上質なミステリーを望んでしまう。次作に期待しながら読了。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)