わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

間宵の母/歌野 晶午【レビュー】

★★★

「間宵の父」「間宵の母」「間宵の娘」「間宵の宿り」
4章で構成されたホラー・ミステリ。

ホラーと言ってもパニック系のものではなく、ひたすら薄気味悪い不穏な空気が纏わりついて来る感じ。

小学3年生の紗江子の母・間宵己代子の夫・夢之丞は生徒と先生のみならず母親達にも人気の人物。

夢之丞の突然の失踪が軸となり物語は展開して行くのだが途中で現れる幻の様な不思議な現象に違和感を感じていると急に現実に引き戻されユーモアさえ感じる場面に辿り着く。

散々振り回され終章に行きついた時、全ての謎が解けたと思いきや最後は別の恐怖が待つ。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)