わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

あの日の交換日記/辻堂 ゆめ【レビュー】

★★★★★

「入院患者と見舞客」「教師と児童」「姉と妹」「母と息子」
「加害者と被害者」「上司と部下」「夫と妻」
7話収録の連作短編集。

7組が織りなす交換日記。
その中には温かさや優しさだけではなく、不安、嘘、疑心暗鬼から来る探り、様々な感情が入り乱れている。

1話ずつでも十分捻りが効いていて読み応えがあるけれど、読み進める毎に少しずつパズルのピースが嵌められて行き、ラストでは静かな感動を味わう事が出来た。

言葉は使い方次第で凶器にもなるが言葉で救われる人もいる。

作者が仕掛けた謎に驚きつつ読後は何とも言えない幸福感に包まれた。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)