わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

愛と追憶の泥濘/坂井 希久子【レビュー】

★★★★

シンプルな文章でありながら、行間から溢れ出るイヤミスの空気に吸引されるかの様に一気読み。

主人公は婚活をしながら公立中学校で学校司書をしている27歳の柿谷莉歩。

どうしても結婚したい彼氏はイケメン敏腕営業マン、33歳の宮田博之。
しかし博之には重大な秘密があった。

莉歩、博之だけではなく、教師の曽根原、生徒の浅倉、二本柳、その他の登場人物達。
読み進めていくと、それぞれが抱える闇の深さを知り、その多面性に慄く。

泥濘(ぬかるみ)は想像以上に深く、泥沼に足が埋まってしまった様で、読み終えると人間が怖くなる。

凄い小説だ。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)