わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

不審者/伊岡 瞬【レビュー】

★★★★

タイトルも装丁も、そして序章から既に不審な空気感が満載。

主人公は都内の自宅で校閲の仕事をしながら夫と息子、義母の4人で暮らす折尾里佳子。

ある日、行方知れずだった夫の兄が現れ、それ以降、不穏な出来事が相次いで起こる。

癖のある義母、能天気に見える夫、不可解な言動をする義兄の優平、個性が強いママ友、全員が怪しく見えるが、強引に家に居つき、五歳の息子・洸太に近づく優平には特に嫌悪を感じる。

イヤミスの雰囲気を漂わせながら物語は進行するが、最後は想像していなかった事実に衝撃を受ける。

予想の上を行く結末にしてやられた。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)