わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ぱくりぱくられし/木皿 泉【レビュー】

★★★

夫婦脚本家ユニット、木皿泉さんのエッセイ集。

前半は弥生犬(夫の和泉務さん)と縄文猫(妻の妻鹿年季子さん)の対談形式。

中盤以降はエッセイ26本とラジオドラマ1本が収録。

ラジオドラマの脚本『ぼくのスカート』がパクられて裁判を起こした妻鹿さん。
一生懸命考えて文字にした物をパクられた挙句、相手が偶然だと言い張るなんてやり切れない。

パクる人に良心はないのだろうか?

ちょっと毒があるけれど正直で真っ直ぐな妻鹿さんの人間味のある言葉の数々は胸に響いた。

ガハハと笑うタイプのエッセイではないけれど、前向きになれるエッセイ集。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)