わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

愛しいひと/明野 照葉【レビュー】

★★★★

欠かさず読んでいる明野照葉さんの長編小説です。

いつもの作品より「毒」は少なかったけれど、やはり期待通り面白かったです。

エリートサラリーマンだった夫が姿を消した。事故か? 他の女と暮らしているのか?

疑心暗鬼になった妻は、夫の影を求めて町をさまよう。
ある日、夫に似た男を見たという情報が…。

どこにでもある様な一見平凡な3人家族
夫・妻・息子、傍から見ても幸せそうな家族に一体何が起こったのか…

他人事では無い様な、自分に置き換えて考えてもいつ何時起こりうるかも知れない出来事で身に積まされる部分もありました。

いつもながら人物描写も丁寧で、最後まで展開が気になり飽きる事無く読み進めました。

明野さんの作品はやっぱり目が離せないです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)