わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ふたつの名前/松村 比呂美【レビュー】

★★★

松村比呂美さんの「恨み忘れじ」と 「幸せのかたち」が面白かったのでこの作品も読んでみました。

高齢者向けの結婚相談所“サードライフ”で働く保奈美。

控えめな母、義理の関係だが優しい父との平凡な家庭に育ち、仕事では女性社長からの信頼も厚く、何の問題も見当たらないはずの彼女を、ときおり「不安」としか言いようのない発作が襲う。

保奈美がその正体を探りはじめたとき、平穏な家庭がひた隠しにしてきた哀しい事件が蘇る。

こういう平凡かつ日常の中に潜む秘密的なお話、大好物です。

前に挙げた作品同様、丁寧な人物描写で描かれており脳内映像と共に一気に読めました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)