わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

真夜中のたずねびと/恒川 光太郎【レビュー】

★★★

「ずっと昔、あなたと二人で」「母の肖像」「やがて夕暮れが夜に」
「さまよえる絵描きが、森へ」「真夜中の秘密」
5話収録の短編集で、それぞれが緩くリンクしている。

装丁とタイトルから連想していた雰囲気と内容がぴたりマッチし、文中からは絶えず禍々しい気配を感じる。

生者なのか死者なのか、はたまた異形の者なのか、 捉えどころのない者達に背筋が薄らと寒くなる。

ホラーサスペンス風味ではあるけれど、派手な展開はなく、粛々と語られているからこその薄気味悪さを感じた。
小池真理子さんの「異形のものたち」を彷彿とさせる幻想怪奇小説。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)