わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

物語のなかとそと/江國 香織【レビュー】

★★★

二十年間に書かれた掌編小説とエッセイが収録されています。

江國さんの著書は過去に何冊か読ませて頂きましたが本作も江國ワールド満載でした。

文字にすると上手く表現出来ないけれど、さらさらとした文章で、どこかふわっとしていて、しみじみしている、そんな不思議な作品集です。

静かな波に身体を預けている様な感覚になりながら読了しました。

>「かわいそうに、というのは危険な言葉だ」
私も以前からその言葉の使い方に慎重になっていたので共感しました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)