わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

シェアメイト/新津 きよみ【レビュー】

★★★

新津 きよみさんの「女と住まい」をテーマに描いた
8篇収録の短編集です。

相変わらず、安定の読みやすさでサクサク読めました。
ホラー要素もあるにはありますが、背筋が寒くなる様な感じではなく
イヤミスと合体した雰囲気の軽めのホラーです。

何気なく取った行動や悪気のない言動、それらから派生して行く負の感情が恐ろしい、霊的な物より、日常の隙間に生まれる人間同士の関係の怖さを感じました。

全編楽しませて頂きましたが、「食べごろし」だけはラスト3行のオチが理解出来ずモヤっと感が残りました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)