わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

昨日がなければ明日もない/宮部 みゆき【レビュー】

★★★★

昔は良く読んでいた宮部みゆきさん
途中ちょっと苦手意識を持ち手にしていませんでしたが久々に読んだら、やっぱり上手い!

本作は「絶対零度」「華燭」「昨日がなければ明日もない」の3作が収録。
帯には『ちょっと困った女たち』とあるがちょっとどころの騒ぎじゃない!

特に1話目の27歳の・優美、姫だか何だか知らないが胸糞悪いったらありゃしない。

自分だけが可愛いのか!?
最近読んだ中でも最低の女性だったがストーリーは良く出来ていて引き込まれた。

表題作の朽田美姫にも嫌悪感しかない。

ここまで嫌な感情を抱かせる宮部さん大したものです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)