わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

私の頭が正常であったなら/山白 朝子【レビュー】

★★★★

女性作家さんだと思い込んでいたら乙一さんの別名義でした。
8篇の短編が収録されています。

山白 朝子さんとしては初読みになりますが
8篇通して、不思議な世界観を感じました。

印象に残ったのは「首なし鶏、夜をゆく」「布団の中の宇宙」
「子どもを沈める」「私の頭が正常であったなら」
どれも新鮮な内容で余韻が残ります。

静かな恐怖、切なさ、悲しさ、温かさ、様々な感情に浸る事が出来る作品集。
今後、他の作品も読んでみたくなりました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)