わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

救いの森/小林 由香【レビュー】

★★★★

「語らない少年」「ギトモサイア」「リピーター」「希望の音」4話収録の連作短編集。

復讐法を描いたデビュー作『ジャッジメント』は強烈なインパクトと印象を残した。

そして本作でも著者は現代社会の問題に立ち向かっている。

命の危険を感じた時に起動させると児童救命士がかけつける『ライフバンド』
実現するとどんなに良いだろう。

毎日のようにニュースになる虐待、いじめ。

お腹を痛めて産んだ我が子を愛せない母がいる。

大人でも間違う事はある。

けれど子供のSOSに目を向け、手を差し伸べ、救う事が出来るのもまた大人なんだ。

一筋の希望が見える良書。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)