わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

四十歳、未婚出産/垣谷 美雨【レビュー】

★★★★

40歳を目前に思わぬ妊娠に揺れる、旅行代理店勤務の優子が主人公。

お腹の子の父親であるイケメン部下、水野は28歳で結婚の意志もなければ子供なんてとんでもないと思っている自己中男。
元を正せば、こんな男と一夜を共にした優子自体も悪いのだけれど、年齢的に子供を産める最後のチャンスだと思う優子の気持ちも解らない事はない。

水野は元より、水野の彼女の紗絵、最低最悪なパワハラ上司、田舎に住む昔ながらの考えを持つ親戚達、人は良いけれど少しずれている母親。
イヤな人達がたくさん登場します。

子供を産みたい優子の前に立ちはだかる前途多難な未来。
先が気になって一気読みでした。

日本の戸籍制度については目から鱗で大変勉強にもなりました。
深刻な問題を孕んでいる内容ではあったけれど、優子に感情移入し応援しながら読み進めた。

出来過ぎな結末だったがテンポ良く楽しめた作品。
水野とマタハラ部長には天罰希望!




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)