わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

夜行観覧車/湊 かなえ【レビュー】

★★★

父親が被害者で母親が加害者’。

高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。
遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。
と言う内容の家族をテーマしたお話です。

高級住宅地・ひばりヶ丘を舞台に遠藤家・高橋家・近所に住む小島さとこ、それぞれの視点で話が進んで行きます。

とにかく人間の嫌な面がこれでもか!と言うくらいにリアルに描かれています。

家族より自分の事しか考えない親であり子供

自己保身の為に考える言い訳、親切めいた好奇心やお節介

中でも一番、見苦しく嫌悪感すら感じたのは癇癪持ちの遠藤彩花

しかし凄く感情移入出来るのは著者の人物描写の巧みさ故だと思います。

この本の中での唯一の救いは中傷ビラを剥がす鈴木弘樹とその姉、歩美の行為だけでした。

とにかく読んでいて不快感すら感じる内容なのだけれど、一旦読み出すと閉じれない、そんな引き付けられた作品でした。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)