わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

男と女の理不尽な愉しみ/林 真理子【レビュー】

★★★★

林真理子さんと壇蜜さんの対談集
実に面白かった。

驚いたのはミステリアスな雰囲気を持つ壇蜜さんの頭の回転の良さと聡明さ、世情にもいたく通じている事

林さんが聞き役、対して壇蜜さんが答える形式になっていますが、林さんの質問に対して、それ以上の知識と回答と自身の考えがミックスされた言葉が発せられています。

壇蜜さんの元々持っていた性質の様な物に、エンバーミング(遺体衛生保全)の仕事、銀座ホステス、グラビアなどの経歴が加わり、壇蜜さんと言う魅力的な女性が確立したんだなと納得。

ドラマ「昼顔」は許せてもベッキーの不倫は許せないなど、興味深く読みました。
私が思うに、フィクションはあくまでフィクションとして楽しめるけれど(想像するだけなら問題ない)
ベッキー自体は不倫云々よりも会見で信じた気持ちがライン流出により、裏の顔が露見してしまい裏切られた感が強すぎたからだと思いました。

壇蜜さんの鋭い洞察力と明言も数々登場するキレの良い対談でした。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)