わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

すべて忘れてしまうから/燃え殻【レビュー】

★★★

燃え殻さんのエッセイ50篇が収録。
合間に長尾謙一郎さんのイラストが挟まれる。

燃え殻さんの回顧録は哀愁が漂い、どこかおかしみもあるのだが、なぜだか寂しい気持ちになって来る。

作者のエピソードを読みながら、それに呼応する様に自身の記憶が刺激され、数々の出来事が蘇る。

嬉しかった事も楽しかった事もたくさんあったはずなのに、思い出すのは悲しかった事や辛かった事だったりしてなんだか切ない。

自分にとってかけがえのない大切な人が死んでも世の中は何ら変わりなく規則正しく過ぎて行く。

タイトルを見返し刹那の悲しみに浸る読書時間。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)