わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

この先には、何がある?/群 ようこ【レビュー】

★★★

群 ようこさんの自伝的エッセイ。

もう覚えていないくらい前から群さんの小説やエッセイを読ませて頂き、勝手に穏やかで、のほほんとされた方と言うイメージを抱いていましたが、このエッセイを読むと、自分をしっかり持ってらして自己主張をハッキリされる方なんだなと感じました。

物書きになって40年だそうで仕事と私生活両方の様々なエピソードや数々のトラブルが綴られています。

本作でもお母さんと弟さんとの確執に触れていらっしゃいますが多くの印税を手にした事で家族が壊れるのは悲しいですね。

尾崎豊さんのエピソードは興味深かったです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)