わたしは栞を挟まない|よつばの読書ブログ

シン人間失格/新堂 冬樹【レビュー】

★★★

タイトルに偽りなし。
読んだ人全員が『人間失格』の烙印を押す事間違いない。

主人公は青少年教育コンサルタント、森田誠(45)。
元トップモデルの美しい妻と優秀な二人の子を持ち、順風満帆な人生を送る。

だが森田には表で見せる白100%の顔とは真逆な黒100%の裏の顔があった。

森田が大切にしているものは地位と名誉と財産、そして自分自身。
それらが脅かされれば、例え我が子であっても容赦しない。

無駄に頭が切れるから厄介極まりない。
今まで読んで来た作品の中でワースト3に入る主人公。

良心の欠片もない最低最悪な鬼畜男に天罰下れ!




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)