わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

小説 恐怖新聞/大石 圭【レビュー】

★★★

1973年から1975年まで連載された、つのだじろうさんの漫画『恐怖新聞』を大石圭さんの手で現代風にアレンジした小説。

世田谷区内のマンションの11階に暮らす19歳の女子大生、早川桜子が主人公。

「コツ、コツ、コツ、コツ」と深夜ベランダから聞こえるハイヒールの音、そして投げ込まれる新聞。

その新聞には、近日中に起きる不幸を予言する内容の記事が掲載されている。

桜子のキャラが良く、いかにもホラーの王道の様なスタイルで緊張感がある。

ただ大詰めの第七章で唱えられるひらがなの念仏は、ツボにハマってしまい笑いながら読了。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)