わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

砂の上のあなた/白石 一文【レビュー】

★★★★

白石さんの作品を初めて手に取りました。

最愛の父に愛人がいた。
見知らぬ男からもたらされたのは、娘が最も知りたくなかった事実。
しかし亡き父の妄執は、35歳の主婦・美砂子の結婚生活にまで影を落としていく。

一見ありがちなテーマですが、驚いたのはあまりにも女性の気持ちが細部にまで表現されている事

私の場合、いつも読む前に著者略歴を確認する作業から始めるのですが、白石さんの年齢、性別を思わず何度も確認した程です。

女性以上に女性を理解しているであろう心理描写は感動でした。

いくつかのエピソードは私も経験している事と重なり、共感出来ました。

これからも読んで行きたい作家さんです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)