わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ぷくぷく/森沢 明夫【レビュー】

★★★★

タイトル「ぷくぷく」の意味は読み始めてすぐに解る。

都内で一人暮らしをしているイズミと共に暮らす「ユキ」
苦手なファンタジー小説かと思い読み進めると、リアルな現実世界が露わになって行く。

誰しも生きていれば色々な事があって思い通りにならない事ばかりだけれど
自分の置かれた環境を嘆かなくても「時間薬」だけは皆に平等にある。

「ユキ」の目を通して人生の大切な事を再認識させてくれる。
そしてイズミの親友・チーコから紡がれる言葉の一つ一つが優しい。

終盤に向けてちょっとした驚きが隠されていたり2つの嬉しいサプライズがあったり幸せな読後感。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)