わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

変半身/村田 沙耶香【レビュー】

★★★

「変半身」「満潮」の2話収録。

前作『生命式』で感じたグロテスクさはなく、きっちりと読む事は出来たが、村田沙耶香ワールドをきっちりと理解する事は難しい。

「変半身」は架空の島・千久世島を舞台に繰り広げられる怪しい儀式と、これまた怪しい島の歴史が描かれている。

残酷さとエロとファンタジーにユーモアが融合されている様な感じで、頭であれこれ考えず感覚で味わうような作品。
ポーポーポーが後を引く。

「満潮」はある事に挑戦する夫婦の物語なのだが、エロかと思えばそうでもなくどこか哲学的な香りがする。

本作もクレイジーぶりは健在。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)