わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

神さまのビオトープ/凪良 ゆう【レビュー】

★★★★

「アイシングシュガー」「マタ会オウネ」「植物性ロミオ」「彼女の謝肉祭」
4話収録の連作短編集。

『流浪の月』ですっかり心酔してしまった凪良さん、本作も良かった。

全篇を通して感じたのは垣根のない愛。

事故死した夫「鹿野くん」の幽霊と一緒に暮らす主人公・うる波の周囲で起こる4つのエピソードを通して幸せの意味を改めて考えさせられる。

誰かに強制されたわけでもないのに勝手に枠の中に入り、無意識に世間に縛られている自分に気付く。

同じ人間が一人もいない様に愛のカタチがいくつあっても良い。

人を肯定する優しさと慈愛に満ちた物語。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)