わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

アンソロジー 初恋/アミの会(仮)【レビュー】

★★★

アミの会(仮) のアンソロジー第七弾にして八冊目の本作は『初恋』をテーマにした9篇が収録。

「レモネード・大崎 梢」「アルテリーベ・永嶋 恵美」「再燃・新津 きよみ」

「触らないで・篠田 真由美」「最初で最後の初恋・矢崎 存美」「黄昏飛行涙の理由・光原 百合」

「カンジさん・福田 和代」「再会・柴田 よしき」「迷子・松村 比呂美」

甘くほろ苦い物からミステリー風味、ホラーテイストの物まで初恋と言っても多種多様な物語が紡がれていた。

好みは大崎さん、永嶋さん、新津さん、松村さん。

やはり初恋は一筋縄では行かない様だ。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)