わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

騒がしい楽園/中山 七里【レビュー】

★★★

中山七里さんのデビュー10周年記念、12ヶ月連続刊行企画第1弾は幼稚園を舞台にしたミステリー。

主人公は、埼玉県の片田舎から都内の幼稚園に赴任してきた幼稚園教諭・26歳の神尾舞子。

待機児童、親同士の確執、騒音など様々な問題を抱える中、動物の惨殺事件が立て続けに発生、そしてついに最悪の事件が起きる。

登場人物は一癖も二癖もある人達ばかりで逆にそれがリアルでもある。

ただ事件の深刻さに反して犯人もその動機も想像の範囲内で軽さが否めないのが残念。

さらりとは読めるけれど、全体的にもう少し捻りが欲しかった。

次作に期待。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)