わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

隣はシリアルキラー/中山 七里【レビュー】

★★★

12ヶ月連続刊行企画第9弾。

主人公の神足友哉が暮らすのは勤め先のニシムラ加工が提供している独身寮。
安普請の部屋は壁が薄く盛大に音漏れがする。

ある時から、深夜2時を過ぎる頃になると、何かを切断しているような不気味な物音が聞こえる様になる。

シャワーを流す音の合間に聞こえるのは「ぐしぐしぐし、ぎりっ、ぎりっ、ぎりっ」の不快音。
装丁の排水溝の写真と言い嫌な予感しかしない。

折しも女性ばかりを狙った連続バラバラ殺人事件が発生。

犯人は隣に住む中国人、徐浩然なのかそれとも?

真相は想定内だったがリーダビリティの高さは流石。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)