わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

死んでもいい/櫛木 理宇【レビュー】

★★★★

「死んでもいい」「ママがこわい」「からたねおがたま」「その一言を」「彼女は死んだ」「タイトル未定」
6話収録の短編集。

これでもかというぐらい人間の醜さや毒が散りばめられていて不穏極まりないが、怖い物見たさで読み進めると、想像の上を行くオチにやられ、それが癖になる。

表題作の真実は誰もが予想出来ないであろう意外性を持つ。

有りえない言動を繰り返す女性に嫌悪感を抱いていると、その裏に隠された真実に驚愕する『ママがこわい』。

盗癖とストーカーを絡めた『その一言を』は深過ぎる闇に慄く。

読後は人間が持つ多面性に慄然とする。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)