わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

あなたに会えて困った/藤崎 翔【レビュー】

★★★

ああ、今回も作者の手の平の上でまんまと転がされてしまった。

主人公は空き巣で前科二犯の善人。
善人と書いてヨシトと読む。

ヨシトが刑務所のお務めを終え、初恋相手の美女・マリアと出会う所から物語は展開して行く。

90年代の世情、実在の有名人を随所に織り交ぜながら、軽快なテンポでストーリーは進み、巧みな言葉遊びに何度も噴出してしまう。

藤崎さんだから仕掛けがあるはずと思い、慎重に読み進めるも結局最終章までそれと気付かず、やられた感がいっぱい。

蓋を開ければあれもこれも伏線で作者のアイデアに脱帽。

そして最後ちょっと泣けた。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)