わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

セカンドバージン/大石 静【レビュー】

★★★

NHKで放送されたドラマは見ていなかったのですが、かなり話題になった事と主人公の女性が17歳年下の男性と付き合う設定に引かれて、この本を手に取りました。

主人公のるい、17歳年下の行、行の妻、万理江の3人を中心にテンポ良く描かれていてとても読みやすかったです。

万理江は私が最も苦手とする自己中心的でどこまでも嫌な女ですが、この小説には無くてはならない存在になっています。

彼女の存在がある事でこの小説が面白くなっていると思いました。

ただ、るいと行の関係については何となく浅い、物足りない感じが残ります。
17歳も年齢差がある男女で、家族や仕事を犠牲にしてまで
なぜお互いにそこまで惹かれあうのかが説明不足の様な気がします。

そして背景だけがどんどんドラマチックになって行き、
読後感は物足りない感じで終わってしまいました。

2人の恋愛の部分をもう少し読みたかったです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)