わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

リトルガールズ/錦見 映理子【レビュー】

★★★★

第34回太宰治賞受賞作品。
読みづらそうな作品かと思いきや現代風でサクサク読み進める事が出来た。

舞台となっているのは、とある中学校。
そこで家庭科教師をしている大崎雅子、55歳は産休補助で美術教師としてやって来た猿渡壮太に
突然ヌードモデルになってほしいと迫られる。

子供時代からずっと容姿をけなされ続けて来て、今も生徒たちには「ガマ子」「エロ子」「ピンクばばあ」などと
呼ばれる雅子だが、モデルになるまでの心の変化が絶妙で面白い。

他、同性が好きな女生徒や、妻に固執する夫などキャラも立っていて想像していた以上に楽しめた。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)