わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ツキマトウ/真梨 幸子【レビュー】

★★

「孤虫症」の頃から真梨 幸子さんの作品が好きで殆ど読んでいますが
最近の作品は登場人物がややこしく、頭の中がごちゃごちゃになってしまい
作品を楽しむ以前に頭の中での整理整頓が必要となっています。

本作も同様、読み始めは集中していましたがどんどん混乱して行き
残念ながら面白さを味わうまでに辿り着けませんでした。

これから読まれる方は付箋ないし、メモをされる事をオススメします。

イヤミスが抜群に上手い作家さんだと思うので
登場人物を絞った作品を読んでみたいです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)