わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

逃亡小説集/吉田 修一【レビュー】

★★

「逃げろ九州男児」「逃げろ純愛」「逃げろお嬢さん」「逃げろミスター・ポストマン」
4話収録の短編集。

タイトル通り色々な事から逃げている人達の物語。

職を失い年老いた母を抱えた男の車での逃走劇、交換日記を交わす教師と元教え子の純愛の行方、のりピー事件をモチーフにした一世を風靡した元アイドルの逃走、突如消息を絶った郵便配達員の話、それぞれ独立した短編だが、実際に起きた事件がモチーフになっている事もありリアルだ。

逃げたくなる時あるよね。

私は日々、本を読む事で現実逃避を繰り返す。コミカルな要素もあり軽快に読めた1冊。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)