わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

大家さんと僕 これから/矢部 太郎【レビュー】

★★★★

2017年10月に発売された『大家さんと僕』の続編。

前作に続き、本作も二人のやり取りに思わず噴出したり、しんみりしたり、心が柔らかくなるような読書時間を過ごす事が出来た。

大家さんのビッグなお裾分けに驚き、中国語に笑う。

新宿伊勢丹をこよなく愛し、嫌味のないマイペースさとチャーミングな言動に愛らしさを感じる。

大家さんが亡くなられた事を知った上での読書だったので、途中からは少しずつ近づく別れの時に想いが飛び、寂しさで胸が一杯になって行った。

年齢差と性別を超えた素敵な縁に人との出会いの奇跡や素晴らしさを感じる。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)