わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

君たちは今が世界/朝比奈 あすか【レビュー】

★★★★

ポップな表紙とタイトルから想像していたものとは真逆な、息苦しさを感じる作品だった。

主人公は6年3組の生徒達。

教室という狭い世界の中で、自分のポジションを確保する為に無理に周りに合わせ、嘘を吐く。

調理実習中に起きた、洗剤混入事件。

担任の幾田先生が放った言葉は残酷なものだったが、それを聞いても素直に受け止める事が出来ない生徒達に集団心理の怖さや、子供ゆえの悪意、残忍さ、想像力の欠如を感じる。

間違う事は誰にでもある。

良心の呵責を感じたなら、そこからやり直して行けば良い。

きっと、その苦悩した時間は人生の糧となる。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)