わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

長女たち/篠田 節子【レビュー】

★★★★

3つの中編が収められています。

「家守娘」では長女の言い分、次女の言い分
それぞれの気持ちに共感する部分があり、ノンフィクションの様な作品でした。

平均寿命が延び、長男・長女と言うだけで感じる重圧
親子とは言え、そこには情だけでは乗り切れない感情も生まれます。

家族みんなが少しでも幸福になれる道を模索する大変さをしみじみと考えさせられました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)