わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

それでも俺は、妻としたい/足立 紳【レビュー】

★★★

「妻としたい」「妻としちゃった」「妻と働く」「妻と帰る」「妻と笑う」
5話収録の連作短編集。

主人公は妻のチカ、5歳の息子・太郎と暮らす年収38万の売れない脚本家・柳田豪太・齢40。

ろくに仕事もせず、頭の中は常に妻とする事だけを考えている。

チカにゴミクズクソ野郎と罵られても、したい一身で必死にへりくだる様子が悲哀を感じつつも滑稽で笑いを誘う。

豪太のキャラも良いが、チカの爆発的キャラ、豪太の母、みんな癖が強くインパクト大。

下ネタ満載だが、突き抜け過ぎているので嫌らしさよりオカシサが勝つ。

とにかく笑えるエロコメ。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)