わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

いのちの人形/横関 大【レビュー】

★★★

世田谷で不審死事件が発生した。
鑑識が到着する前に「ドールズ」と名乗る組織が現れ現場を押えてしまう。
不審に思った警視庁捜査一課の川村は、サイバー犯罪捜査官の高倉と調査を始める。

出だしから中々入り込めず、展開も全く読めなかったが途中からそっちの話だと気付きその後は一気に読めた。

連続殺人を隠蔽する意図は?
誰が何の為に?

終盤に向けて少しづつパズルのピースが嵌まって行った。

何百年後かの未来にはこう言った事は実際起こりうるのかも知れない 。

今、読むとフィクション感満載だが、人間の欲と倫理観の間で揺れる心情は理解出来る。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)