わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

W県警の悲劇/葉真中 顕【レビュー】

★★★★

「洞の奥」「交換日記」「ガサ入れの朝」「私の戦い」「破戒」「消えた少女」
6話収録の連作短編集。

えげつない内容であるに関わらず、その部分に重点が向かないので軽妙なテンポでサクサク読み進める事が出来た。

6話全て自分の予想を遥かに上回るオチの連続で見事に騙されるが、それすらも心地良い。

全話良かったが好みは「私の戦い」
性犯罪にユーチューバーを絡め更に女性刑事、葛城千紗の過去から現在に至る想いが加わり、なんともスカッとする結末に胸がすく。

ユーモラスな要素がある「ガサ入れの朝」も面白い。
最後に表紙を確認してニンマリ!




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)