わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

空白の叫び/貫井 徳郎【レビュー】

★★★★★

上下巻の長編作品にかかわらず一気に読めました。
「普通の中学生」がなぜ殺人者になったのか

3人の男子中学生がそれぞれに殺人を犯すまで、そして少年院での生活、少年院を出てからの生活、
どれもがリアルな現実感を伴って興味深く、時には切なくなりながら読み進みました。

3人の少年の顔が頭の中では実像となって現れた程でした。

読み終わった後、なんとも言えない気持ちになりましたが、読んで良かった。心に響く作品でした。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)