わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

欲しい/永井するみ【レビュー】

★★★★

永井するみさんほど女性心理の描写がうまい作家は数少ないと思う。

人材派遣会社を経営する由希子、42歳が軸となって話が展開して行くが、ラストに近づくにつれどんでんがえしの面白さがある。

そこかしこに人間のずるさ、要領のよさが現れ、何とも言えない気持ちになるが真実が明らかになった時は胸がスッとさせられた。

願わくばラストまで悪事がばれなかったテルにいつか天罰が下りますように!




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)