わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

女はいつも四十雀/林 真理子【レビュー】

★★★

雑誌『STORY』連載を書籍化した作品。
平成最後の5年分のエッセイが収録。

「1、素敵な元カレは、女のごほうびである」「2、手放すには惜しい妻でいるために」「3、中年女が若い女に勝つ方法」の3章で構成されている。

先日読んだ『女の偏差値』よりも雑誌の対象年齢の関係で共感ポイントが多かった。

同窓会LOVEの話に(なるほど!)と思う。
一緒に都会に出てもふるさとが同じ、お盆や正月に帰る所が一緒なのは強い絆になるに納得。

レジでのお金の払い方、子供の躾について、老親との向き合い方等々、身近なテーマも多く軽く楽しめた。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)