わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ひとごと/森 浩美【レビュー】

★★★★

欠かさず読んでいる森 浩美さんの家族シリーズです。

今回のタイトルは「ひとごと」
私の嫌いな言葉ですが、本の内容はいつもの森さんの世界です。

家族に纏わる8つの短編が収められていて、どのエピソードもいつでも誰にでも起こりうる事、そしてその時にどう関わりどう対処するか考えさせられる内容になっています。

短編でありながら1話1話が充実していて毎話、感情移入しながら読めました。

今までも感じていたのですが森 浩美さん、男性でありながら女性の心の内をこれだけ繊細に理解していらっしゃって凄いと感じます。

そしてどのお話も今までの家族シリーズ同様、ラストに希望、光が見えるので読後、心がほっとします。

次回の作品も待ち遠しいです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)